相手が喜ぶプレゼントは通販を利用する|文具は多くの人に喜ばれます

お返しのマナー

出産祝い

内祝いというものにはいろいろなものがあり、結婚や入学、成人式など、めでたいことがあったときにもらうお祝いの品のお返しとして贈るものです。もともとは、祝いごとがあったときに身内で宴を開き、その出席者へお礼の品として贈るものが内祝いでした。住んでいる場所が遠く、来られなかった人にも贈っていたので、お祝いの品をもらっているかどうかに関わらず渡していました。しかし、現在ではお返しの品という意味合いが強くなっています。その中でも、出産内祝いというのは子供が生まれた際に贈られる品のお返しです。本来の意味を重視し、お祝いをもらっていない相手にも出産内祝いを贈ると、その風習を知らない人は悪く思ってしまうこともあります。また、相手にもらったものよりもとても高価なものを出産内祝いに贈ると、改めてお返しをしないと悪いと思われるなどいろいろな問題が起こります。出産内祝いは、一般的にお祝いの半額から三割ほどの値段に留めるのが良いとされています。高すぎても低すぎても相手との関係を悪くしかねないので気をつけましょう。値段の他にも、贈る品の内容も気を配る必要があります。出産内祝いの場合は、子供の顔を良く見てほしくて、子供の写真のプリントされた日用品を贈る人もいます。祖父母は喜ぶかもしれませんが、一般的には写真のプレゼントされたグッズは使いづらいものです。なるべく避けるようにしましょう。また、お祝いを受け取ったら、なるべく早めに出産内祝いを返す方がトラブルが少ないです。